量感を大切にした「長さ」の学習(2年)

  1. 取り組むにあたって
     「長さ」の単位換算は、低学年でも子ども達がつまづきやすい箇所である。こうした長さの単位換算の確かな理解を
    図ることが、それ以後の「量と測定」領域のつまづきの克服、算数の学力向上にとって重要な意味があると考えた。
     長さの単位換算で見られるつまづきの多くは、学習が機械的に1m=100cmということを覚えることに終始し、子ど
    もが量感をイメージできていないことに原因があるのではないかと考えた。このような問題意識を出発に、子どもたちが
    具体的な場面や具体物を通してmやcm等の長さを意識し、単位を操作することで量感を育てることを大切にして授業
    づくりに取り組んだ。
     長さについては、1年生では、ひもの長さ比べなど直接比較を通じて長さの概念に触れてきた。2年生の2学期に、
    量の4段階指導を通じて、普遍単位cmの必要性を理解し、cmの端数処理からmmの単位について学習してきている
    。本単元では、100cmを越える物の長さ、例えば黒板の横の長さを計ることを通じて、その必要性に応じてmという
    長さの単位を導入する。そして、1mのものさしの仕組みを理解した上で、いろいろな物の長さを測定することを通して
    長さについての理解を図っていく。さらに、単位換算・長さの比較・長さの加減計算を通して、長さの概念に対して一
    層の理解を深めていきたいと考える。
     本時では、長さを比較するために単位換算が必要なことを理解し、単位換算ができるようになることが課題である。
    児童の理解を深めるため、数字だけの比較だけではなく、量感を大切にしたいと考えた。特に、つまづきやすい子ども
    が長さの量感をつかむための手だてとして「ものさしタイル」を取り入れた。
     学習の際しては、子どもが1時間の学習課題を明確につかむことができる一斉指導、自分の理解度が確かめられる
    個別学習、仲間の中でわかったことを出し合えるまとめの一斉指導、という学習形態<マスタリーラーニング>で取り
    組んだ。そして、個別指導では、とりわけつまづきやすい子どもに対し、具体物を使った指導や子どもの理解の過程を
    つかんできめ細かな指導ができるようにティームティーチングの形態を取り入れた。
  2. 指導計画
    第1次  実測を通して、mの必要性に気づく。
    第2次  ものさしづくりを通して、1m=100cmを理解する。
    第3次  単位換算をする中で、mとcmの相互関係を理解する。(本時)
    第4次  単位換算を使って、長さ比べができる。
    第5次  長さの計算ができる。
    第6次  長さの計算ができる。
    第7次  まとめと評価
  3. 本時の目標と展開
    【目標】 単位換算の必要性を知り、単位換算ができる。
    学習
    形態
    働きかけ 児童の活動・予想される反応 教師の支援・評価
    一斉
    指導












    個別
    学習









    一斉
    指導
    ・前時の復習
    T1:課題提示
    ====================
    赤フクロウのふくろう君は、1m5cmボールをなげ
    ました。青フクロウのわかろう君は、150cmボー
    ルをなげました。
     ボールがとんだ長さは、どうしたらうまくくらべれ
    るかな。
    ====================


    T2:150cmをなおしてみよう。
    T2:次に、1m5cmをなおしてみよう。

    ====================
    れんしゅうしてみよう。
    ====================
    T1の助言のポイント
      ・タイルのおき方のわからない子への支援
      ・プリントのチェックと指示
      ・まちがい傾向の把握
    T2の助言のポイント
      ・ものさしタイルの使い方の支援
      ・一緒について学習をする
      ・タイル操作の説明支援
    T1:おもしろかったこと、わかったことを発表しよう



    T1:次時の予告



    ・問題を読む





    ・どちらもcmにしたらいい。
    ・どちらもmとcmにしたらいい。
    ・150cm=1m50cm
    ・1m5cm=15cm,105cm,
         1005cm,100cm5cm



    ・『はかろうコーナー』
    ・『わかろうコーナー』
    ・『答えコーナー』
    ・『ふくろうコーナー』
    ・ものさしタイルで、
     1m=100cmを確認。

    T2:キャラクター人形を使って、
      場面理解を支援する。
    T1:子どもの様子に気を配る。



    T2:テープをはる。

    ・ものさしタイルを使い確認。
    ・ものさしタイルを使い確認。




    T2:フローチャートをはり、説明







    ・子どもの評価
      がんばってる子はどうだっ
      たか。
      つまづきを全体に返す。

     Back              Next