多様な学びへのチャレンジ(授業改革)


私たちは、自学自習力の育成を柱に据え、「自己選択」「個別学習」「自己表現」の3つをキーワードに授業改革を進めてきました。
 算数科における分割少人数授業の導入を出発に、一斉指導と個別学習をつないだ新しい授業スタイル「マスタりーラーニング」をはじめとして、コース選択授業や課題選択学習など多様な学びのスタイルの創造に取り組んできました。さらに、こうした取り組みの中で、全学年にわたる学習パッケージづくり=「習得学習ノート」の作成を進めてきました。
 また、国語科においては児童のコミュニケーション力の向上をキーワードとする様々な授業改革の取り組みが進められてきました。分割少人数授業やT−Tを活用した作文指導や多様な表現活動とつないだ説明文指導、「お話会」の開催やブックトークを含む図書指導の改革が進められています。
 さらに教科と結んだ情報教育を通して、コンピューターを活用した様々な調べ学習や表現活動に取り組んできました。これらによって子どもたちの一層多様で主体的な学びが広がっています。
  こうした授業改革のの取り組みは、子どもたちの学習意欲と学力向上において着実な成果を生みだしています。自ら学習課題や学習方法を選択し、生き生きと学ぶ子どもたちの姿に確信を持ち、私たちは、今改めてすべての子どもたちの学力向上に向けた授業改革の推進への決意を新たにています。


学年 1年 2年 3年 4年 5年 6年
教科 算数 国語 算数 国語 社会(情報教育) 理科(情報教育)
単元名 文章題
ちがいはいくつ?
作文
クイズブックを作ろう
重さ
くらべてみよう!
どっちが重?
説明文
発泡スチロールで?
を作る
伝統工業
松原の伝統工業を調べよう
大地のでき方
大阪の地層を調べよう
スタイル 分割少人数授業 TTを活用した
コース選択学習
TTを活用した
課題選択学習
課題選択・自己表現
とつないだ説明文習
課題選択による
プレゼンテーション
pcを活用した調べ学習
とプレゼンテーション

6年生

理科(情報教育)大地のでき方


戻る