人権総合学習

    ”ぬのしょう、タウン・ワークス”の更なる発展を!

−部落問題学習を基盤に、多様な人権学習と結んで−


(1)”ぬのしょう、タウン・ワークス”がめざすもの

 @継承すること

   ・自分の生活・親の働く姿・自分史に返して、自分の問題として考えることを大切に
     する。
   ・地域の人からの聞き取り、フィールドワーク等を通して、子どもたちの出会い・体
     験・感動を大切にする。
   ・子どもの立ち上がり、一人ひとりの思いを集団に返し、共感し合え、お互いの良さ
     を認め合う豊かな人間関係を育む。

 A部落問題学習をはじめ多様な人権課題を通した、子ども自身の「気づき」を大切に

    ・多様な人権課題を学ぶことを通して、自分自身の「気 づき」を大切にする。

 B知識・態度・スキルの育成

---<態度>-----------------------------<スキル>-----------------------------
・人間への尊厳                    ・コミュニケーション力
・自尊感情(セルフエスティーム)の育成     ・アサーティブネス(非攻撃的自己主張)
・協力できる力                     ・意志決定力
・共感し合える心      
------------------------------------------------------------------------------
                ●そのための4つの課題●
  ・地域や様々な人との出会いと共感・感動、体験・ボランティア活動を通して、多様
    な人権課題を学ぶ。
  ・選択・参加・体験型の多様な学びのスタイルを導入し、子どもたちが自ら学ぶこと
    を大切にする。
  ・人権学習のネットワークづくりを、校区・松原・大阪に深め、広げる。
  ・態度や技能(スキル)を身につけた、自立した個人と集団づくりをめざす。

 C未来志向型の展開を通した、「生き方」学習を

  ・ボランティア活動を通して、
  ・「わくわくワーク」(校区の仕事調べ、仕事体験)を通して
  ・多文化共生教育の中で、生き方にふれる学習を通して
  ・被爆者の方の生き方にふれるヒロシマ平和学習を通して
  ・将来の”夢”を考える、進路学習を通して
  ・「人権と共生の街」として、更池との出会いを

(2)”ぬのしょう、タウン・ワークス”のカリキュラム

   1年:あそび、なかま
   2年:あそび、なかま
   3年:福祉・ボランティア活動
   4年:労働
   5年:自分史、共生
   6年:平和・未来へ

 A多様な人権学習のカリキュラム

(3)”ぬのしょう、タウン・ワークス”の多様な学習形態・方法

  【大切にしていること】  【参加・体験型の学習形態】

  @自己選択──────・聞き取りやFWのコース選択
  A参加・体験─────・聞き取りやFWの計画・依頼等の子どもたちによる運営
    ・アイマスクや車椅子体験等の疑似体験
    ・手話、点字等の学習
    ・子どもたち自身による聞き取りやFW
    ・わくわくワークや進路学習による仕事体験
    ・ボランティア活動、交流活動
  B出会いと感動────・聞き取りやFW
    ・わくわくワークや進路学習による仕事体験
    ・ボランティア活動、交流活動
  C気づきと共感────・自己表現(書くこと、語ること)によるまとめ
    ・親子報告会、学級報告会等
  D行動────────・継続したボランティア活動
    ・交流活動(手紙、ビデオレター等)
    ・親子報告会等

(4)”ぬのしょう、タウン・ワークス”のネットワークづくり

  @布小校区のネットワーク
    ・福祉・ボランティア活動を通して
    ・労働の学習を通して
    ・生い立ち、自分史学習を通して
    ・進路学習を通して
  A松原市内のネットワーク
    ・福祉・ボランティア活動を通して
    ・多文化共生教育を通して
    ・進路学習を通して
  B大阪府下のネットワーク
    ・福祉・ボランティア活動を通して
    ・多文化共生教育を通して
    ・進路学習を通して
  Cヒロシマとのネットワーク
    ・ヒロシマ修学旅行の取り組みを通して
  Dアジアを始め世界とのネットワーク