学習で大事にしたこと 


1.誰をポイントにするのか、誰と誰をつなげていくのか、誰をのばしていくのかということを明確にもって活動する。

2.子どもの気づきを大切にし、子どもの言葉でつかませていく。

3.働く人の素晴らしさを友だちの素晴らしさとつなげ、外見でなく、気持ちで友だちとつながっていこうと思える活動にする。

4.自分の親と同じだと思える所から、2学期につなげられる活動にしていく。