大阪府教育委員会委嘱・「情報教育」研究学校(1997・98年度)指定

1、研究主題

情報教育を通して、学びと人権・共生のネットワークづくり

−−−主体的に学び、発信する子どもをめざして−−−

2、研究の内容

  1. 授業改革や新しい人権総合学習「ぬのしょう、タウン・ワークス」を更に発展させるものとして研究・実践を深める。
  2. 子どもたちに、多様な体験(直接体験、インターネット体験等)と出会い、多様な情報を通して、広い視野を養い、学びと出会いのネットワークづくりを発展させるものとして研究を深める。
  3. 子どもたちの主体的な活動(情報活用と発信)を通して、基礎的な学力の向上及びコニュニケーション力等の育成につながるものとして研究を深める。
  4. 従来の地域や中学校区をはじめとする同和教育のネットワークを軸に、人権と共生のネットワークづくりを更に発展させるものとして研究を深める。
  5. 教職員の情報リテラシーの向上のための研究・研修の充実を図る。

3、研究の方法

  1. コンピュータに慣れ親しみ、主体的に活用できるよう全学年での授業研究
  2. 表現・創作活動等の道具(ツール)としてのコンピュータを活用した授業研究
  3. インターネットの情報を活用した人権総合学習の研究
  4. 「親子パソコン研修」「PTAパソコン研修」等地域・保護者とのネットワークづくり

もどる