1900年代では、132回大きな地震(マグニチュード5.0)がおきています。2000年代では、初めに東海地震が起きそうだといわれています。被害は、100万人の人が亡くなると言われています。このように太平洋側は、大きな範囲の地震が起きています。それに対して、日本海側では、少し小さい範囲でものすごく大きな地震が起きています。例えば、兵庫県南部地震もそうです。ただしその場に人が少ない場合だと、被害は、少ないのです。

僕は、これを調べて東海地震が起きる前に予知できたら被害が少なくなるから、予知できたらいいなあと、思いました。そして、上のを見ても分かるように、大きな地震が、同じ様なところに、固まって、つながるように起きているのが分かりました。

なぜ地震が起こるのか?