私達は、実際にどんづるぼう
(むかしに噴火した火山)に登りました。
 そこで、石や地層を取って持って帰りました。
今から1500万年前から、2000万年前ごろの昔に、二上山の火山活動で火山灰や火山弾などが、ふもとの湖に降り積もり、その後の地殻変動で、もりあがって(隆起して)、雨や風などの自然作用でけずられて(浸食されて)今の地形になったそうです。

富士山やいろいろな火山へ