しゅう曲のでき方
褶曲は、左右からの力が加わってできます。褶曲は、固まった地層に、力が加わって、地層が、波を打ったように曲げられてしまったものを褶曲といいます。
褶曲だけでなくて、他にもスランプ構造と呼ばれれるのも一種で、スランプ褶曲と言います。普通の、褶曲は地層が、固まった後に、力が加わって波を打った形になるものです。でも、スランプ構造は、地層が、固まる前の柔らかい状態の時に、海底地すべりなどが、起きて力がかかり、異常な堆積状態のまま固まったものです。
まとめ
褶曲は、長い年月がたっていくと、曲がって行くことが
分かりました。
これは、粘土で作った褶曲の模型です。褶曲は、長い年月がたっていくうちに力が、かかって曲がっていきます。
これが、スランプ褶曲と言って、地層が、柔らかい時に、力が、かかって、できます。

河原の岩石