まず初め化石とは、どんなもののことをいうのか、説明します
                       過去の生物が残した遺体、または生活の跡が地層中にうずまって今まで、保存された物のことを化石といいます。                                             化石は古生代、中生代、新生代と3っつに分けられられています。                                                                               古生代は、約5億7000万年前から約2億4500万年前の化石です。 中生代は、約2億4500万年前から約6600万年前の化石です。   新生代は、約6600万年前から現在の化石です。                                                                                                                                       
 化きた方を説明しま                               .貝などが海の近くなどのやわらかい地面にいる。                           2.海の近くで貝が死ぬ。肉は他の動物に食べられたり腐ったりする。化石として残るのは多くの場合固い骨、貝殻です。               3.骨は普通バクテリアが入りこまず化石として残る。
バクテリアとはいろいろな仲間がいて、物質を壊して養分をつくりだす大切な仕事をしています
中には、水田で大きな働きをする、空気のないところにすむ細菌もいる。
(古生代)サンヨウチュウや(中生代)アンモナイトなどは標準化石として有名ですか、現在ではび化石といって、海中に生活していた小さな生物の化石が利用されています。び化石には、植物プランクトンのケイソウ、動物プランクトンのユウコウ虫や放散虫などがあり、これらはそれぞれ時代ごとにとくちょうのある形をしています。
!?
「化石をくすりにしてのむ」といったら、「まさか!?」と思う人が多いでしょう。「なににきくんだろ、だいいちもったいないよ」なんて言う人もいるでしょう。ところが、いまはやりの漢方薬(漢の時代からつかっている薬のこと、漢というのは、今から1700から2200年くらい昔の中国のよびかた)のなかに、「竜骨」とか「竜歯」などとよばれる薬があります。実は、その正体は、何百万年も前に生きていたゾウやシカなどの骨や歯の化石なのです。この「化石」を、粉にして飲むというわけです。もちろんおなかなどが痛くなることは、ありません。骨や化石になっても、その中にカルシウムやりんをたくさんふくんでいます。これがねつさましや気持ちをおちつかせるききめをもっているらしのです。今のようにいろいろな薬がなかったころには、少しでもききめがあるのならば、化石までも利用していたことがわかります。
注意
絶対にかってに粉にして飲まないで下さい。

いろんな化石