1997/11/21

アメリカ・ADLのRobinさんとMarjiさんが、来校!!


 IMADR−JC(反差別国際運動日本委員会)の依頼で、11/21にアメリカ合州国のADL(アンティ・ディファメーション・リーグ)のRobin SclafaniさんとMarji Lipshezさんが来校されました。

 ADLとは、日本語に訳すとすれば、「反差別連盟」。全米に30支部、イスラエルとジュネーブにも支部があるアメリカ国内でも桁外れに大きい社会的信用も高いNGOである。学校、職場、地域、警察を対象にした人権教育の実践を行っており、学校用のカリキュラムと教材ができており、それを使った教員用のセミナーも開催している。職場や地域向けには、プロジェクトを組み、実態に応じたカリキュラムや教材開発を行っている。日本では、非常に遅れている警察官に対する教育も行っている。

 布小の人権教育の進め方に感動され、5年生との交流会では、終始笑顔を絶やさず、質問にもていねいに答えていただきました。その時の感想を「とても素直な、やわらかい子ども達で、大変楽しかった。」と言っておられたそうです。メールアドレスを教えていただき、今後も交流を進めていくことになりました。


△▼△▼5年生との交流会の様子△▼△▼

 お2人からアメリカでの人権教育につい
て説明をしていただきました。
 通訳と事務局の方にお世話になりました。
5年生全員で、笛と歌で歓迎。この後、子ど
もたちの素朴な質問にていねいに答えてい
ただきました。

Back