布忍小学校 学力向上の取り組み 本文へジャンプ
e-nunose
学びの総合化
の深化をめざして 
イメージ

 布忍小学校では、少人数指導を導入し「自己選択」「個別学習」「自己表現」をキーワードに授業改革に取り組んでいます。
 算数科では、一斉指導の中に個別学習を位置付けたマスタリーラーニング、自己選択による習熟度別コース学習に取り組んでいます。
 国語科では、論理的な思考力と豊かなコミュニケーション力育成のため、表現活動とつないだ説明文指導に取り組んでいます。
 また、授業と補充学習や家庭学習をつなぐこと、「分からない」ことを「分からない」と言える学習集団づくり、総合的な学習の時間とつないだ学習の動機付け、柔軟な指導体制作りなど総合的な学力向上に取り組んでいます。