ホームページ タイトル 本文へジャンプ
布忍小学校の     集団づくり

 布忍小学校では、「学力向上」とならんだ、学校教育のもう一つの柱として「集団づくり」を位置付けています。
 それは単に人と人とがつながりをつくる「人間関係づくり」としてだけでなく、ヒューマニズムを共有し合うつながりとして位置付いています。
 一人ひとりの子どもの姿をきちんと把握し、その子どもたちで構成されている「集団」をよくつかむこと、そのことを前提としながら、子どもと子どもをつないでいく営みを日々の教育活動の中で行っています。
     (右写真は人間関係トレーニング「ほっとワークス」の様子)






ホームへ