授業のようす
松原第七中学校校区(恵我幼稚園・恵我小学校・恵我南小学校・松原第七中学校)では、人間関係学科(HRS・あいあいタイム)の授業において、次の事を大切にしています。

*場づくり
*ねらいの共有
*子どもの「気づき」への気づき
*ふりかえりとわかちあい


人間関係学科は、道徳の時間とともに子どもたちの人間形成の基礎づくりを行う教科です。道徳の時間が価値形成の時間とするなら、人間関係学科はその価値に基づいた人間および人間関係の在りように関して、子ども自らが「子どもモデルの中でのシミュレーション」を通じて自らを成長させていくものであります。基本的なソーシャルスキルにはじまり、最終的にはアサーティブな生き方をめざすための様々な手法を取り入れています。

人間関係学科<特別活動<総合的な学習<学校園での生活<家庭・地域での生活⇒社会生活

というように、人間関係学科で「場づくり」や「ねらいの共有」からシミュレートされ、子どもの「気づき」から生まれた様々なスキルが、特別活動から家庭・地域での生活に至るまでのステージを通じて提示される様々な人モデルとの出会いとクロスし、価値観を伴ったアサーティブなスキルへと変容していくことを、私たちは願っています。そして、子どもたちが旅立つ時には、子どもたちが、公平平等であることはもちろん、社会を変えていける建設的で、積極的な生き方ができる人間へ育ってくれることをめざしています。
恵我幼稚園のようす 恵我小学校のようす 恵我南小学校のようす 松原第七中学校のようす
*プライバシー保護の観点から、画質を極端に落としています。ご了承下さい。
2008 研究開発中間発表会公開授業
2009 松原七中校区人権教育研究会公開授業
2009 研究開発最終発表会公開授業