こねっと・セミナーへ参加した1年生の感想

小林
 こねっと・セミナーに参加できて、とてもよかったと思います。
私は、黒柳さんの話を聞くなかで、ここまで真剣に世界の人を大切にできる人は、すごいと思いました。
黒柳さんが人を大切にできるのは、きっとその人たちに美しさを感じたからだとおもいます。私も、「静
かな緊急事態」をみて、モーリタニアの人のくらしに美しさを感じました。そして、私も、自分にできる事
を何とかしたいという気持ちになりました。だけど、黒柳さんも言っていましたが、すぐに世界へ私が行
っても、きっと何もできないと思います。これからは、身近なところから自分にできる事をして、多くの人
に笑顔になってほしいと思います。
和田
 黒柳さんと話ができて、一番印象に残った事は、黒柳さんが「この私の話を聞いて、別に私のように
『世界を訪問して下さい』といっているわけじゃなくて、世界では日本とちがうこんな国があるということ
を知っておいて下さい。」といっていた事です。実は私も黒柳さんの様に世界のいろんな国を訪問して
みたり、青年海外協力隊の様にいろいろなかたちで知識や技術を、知らない国の人へ伝えてみたいと
思っています。 自分たちとは全くちがう生活をしている人が世界中にいるということを少しでも多くの
人にわかってもらえることが大切だと思いました。たくさんの人がそのことを知っていって理解していっ
てもらえたら、もっと自分たちだけじゃなく他の国の人のことも考えられると思います。だから、私は友
だちであったり、他の人にもその事をわかってもらえるようにしていきたいです。
上山
 黒柳さんに会えてよかった。本当に、しゃべってばっかりですごいなと思った。量が多いから私も大
変頭がくらくらしちゃった。でも、大事なことだからがんばって聞けた。ほかの学校で中学以上と思って
たけど、小学生も出ていてすごいと思った。
 私はショックを受けた。黒柳さんは「生きるためなら、おなかこわしてでもきたないどろ水を飲む」って
言っていた。私は少しの水でも大切にということを学んだし、世界には苦しい生活をしている子どもが
いるから少しでも役に立ちたいなと思いました。また、募金していきたいなとおもいました。今日のこ
ねっとでいいことを学んだ。
松村
 私が印象に残ったことは、ある国では、水をくみにいくのに5キロメートルも歩いて、水のあるところ
までいって、水をくんでいるということがすごいと思いました。黒柳さんがいろんな国にいって栄養失
調で何も食べられない子どもや予防注射もできない子どもが、黒柳さんに「幸せになってね」といった
ことがすごく心に残りました。黒柳さんが今まで会ってきたきた子ども達は食べ物や親やたくさんのも
のが無くても強い気持ちで生きているのがわかってすごいと思いました。小さい子どもは、抱いてくれ
たら安心するといっていましたが。私もそうだなと思います。私も、身の回りの身近なことからいろいろ
なボランティアをしていきたいなぁーと思いました。
坂東
 黒柳さんは「日本は裕福だけど、自殺をしたりいじめがあったりして、外国の子どもたちより精神的
に裕福でない」といっていた。外国の子どもは、自殺したりしないで、一生懸命生きていると思った。
「何がほしい?」と聞かれたら、「平和」といったり、「将来どうしたい?」ときかれたら、「生きていた
い」といったり、そういうところが日本と違うと思った。
 まず、身近なことからやっていけばいいことがわかりました。
井上
 今日、黒柳さんから話を聞いて、日本は電気とか水もあるのに、いじめられて自殺したりするのは
なぜなのかなっと思いました。他の発展途上国の人々は、明日生きていけるかわからないのに、そ
のなかでも必死に生きている。もっと私たちも、命というものを大切にしなければならないと思ったし、
今日、聞いたことをみんなに伝えたいと思った。
山口
 最初、黒柳徹子さんの話を生で聞けるというので緊張していたけど、黒柳さんの話はとても興味
深く、いい勉強になったというと少し変だけど、本当にそういう感じがした。ゲリラの話・・・あれはす
ごく聞いていてびっくりした。残酷さにもおどろいたけど、女の子の「友だちがあんでくれたの」という
言葉は何気ないけどすごく響いた。「人と人が助け合う」世界に比べれば、裕福すぎる日本でそれ
はだんだんうすれかけているけど、まだ確かに残っている。そして、残さなければいけないことだと
感じました。
 私は、世界のことを全然知らないけど、もっと知っていきたいし、知らなければいけないこともたく
さんあると思います。だから、このような企画をもっとふやしてほしいと思います。黒柳さんやスタッ
フの方々これからもがんばってください。
吉田
 黒柳さんと直接に話はできなかったけれど、でも、ちょっとぐらい話をしてみたかったです。違う学
校の人も話をしていましたが、自分が言いたかったことを言ってくれたみたいでよかったです。それ
は、「募金以外に何ができるのか?」ということです。パソコンの画面を見ると、黒柳さんがうなずい
ていました。黒柳さんの言葉で印象に残ったのは「その気持ちのままで大人になって下さい」という
ところでした。
寺内
 私は、みんないろんなことを自分なりにテレビを見て感じているんだなあと思いました。私が一番
心に残ったことは寝る場所がなくて、道に寝ている子がたくさんいるということ
、そして、傷があったら菌がその傷から入って、体の筋肉が堅くなってしまうような病気があること
をしりました。また、黒柳さんにある子が「あなたの幸せを願っています」といったことです。またこ
ういう機会があれば、話を聞きたいなあと思いました。
上松
 今日は、黒柳さんと話ができてすごくうれしかったし、質問とか感想の時間をとってくれてうれし
かった。
 私はモーリタニアの番組を見て本当によかったなと思った。他の国では苦しんでいる子もいる。
だけど日本でも生まれたときにお父さんやお母さんがいない子もいる。だけど、モーリタニアとかは
自然からして日本とは違って豊かではない。だから、そういう面では助けてあげたいし1つでもいい
ことをしたいと思う。
北川
 栄養失調とか病気にかかっている子も生きようとしているのに日本では自殺とかをしていると聞
いて、僕はその原因はいじめとかがあるとおもう。僕のクラスでは、暴力とかがあったけどちゃんと
解決してきた。またそのようなことにならないようにしようと思った。それと、これから募金とかボラ
ンティアとかしていこうと思った。
 僕は将来、いろんな国で役立てるような仕事をしたいと思っていて、特に木とかを植えることをし
たいなと思っています。それは、今回の黒柳さんのテレビを見て木が無かって雨が降らなくて困っ
ているのをみたという理由もあります。いろんな国のことを知りたいと思いました。
田中
 私は一番心に残ったことは、日本は世界中の国にくらべると環境や食べ物などいろいろめぐまれ
ているにもかかわらず、自殺をして死んでしまったりいじめをしたり、授業をさぼったりと他の国にく
らべると信じられないことばかりしていることが心に残りました。
 黒柳さんが語っていた「生きていること、それは人のためにちょっと何かいいことをすること」という
のが心に残りました。今回のこねっとセミナーで、日本中のいろいろな場所の小中学校の意見や考
えを知ることができてとてもよかったと思います。今回は20人ほどしか参加することができなっかた
けれども、今度もし、こんな機会があったら学校中のみんなにも話を聞いてもらえたらいいなぁーと
思います。
横山
 私は、黒柳徹子さんの話を聞いて、子どもたちに「何がほしい?」ときいたら、子どもたちは食べ
物とか、水とかいわず「平和」と答えたということが印象に残りました。日本では、生きていられる
のが当たり前だし、食べ物も水もたくさんあるのが当たり前で、学校にも行ける。そういう私の「あ
たりまえ」が色々な国の子どもたちには、幸せなことだということがわかった。私も、その「あたりま
え」をもう少し大事にしていかなければいけないなぁと思いました。
宮本
 黒柳さんの話を聞いて私はすごくやさしくて、思いやりがある人だなと思って尊敬しました。黒柳
さんが今まで行った国で手や足をもぎとられた子どもが、今でも一生懸命がんばって生きているし、
せいいっぱい生きていると聞いたことが印象に残りました。