地球市民をめざして
 (多文化共生の国際理解)


(1)とりくみの概要、目的
 「ちがいを豊かさに」のスローガンのもと、2年生の1学期かけて取り組みを行った。
 ヒューマンタイムでは、3つのコース設定。韓国・朝鮮のコースでは大阪市内でのフィールドワークを
実施し、コリアタウンのあたたかさを学び、中国のコースでは神戸南京街へ行き震災以降のともに歩
む人のつながりを学んできた。また、世界のコースでは、タイ、フィリピン、スリランカ等アジアを中心にブラジ
ル、南アフリカと広く世界に人権文化を学んだ。
 まとめとして、卒業生からの話を聞いた。
そして、2年生は人との出会いを自分に返し、より豊かな人間性をめざす、取り組みとなった。

(2)とりくみの流れ
1. 地球市民の取り組み 目的・意義
2. 渡日生のおもい : 講演会
3.

朝鮮や韓国との交流史

4. 友好と戦争の歴史
5. ヒューマンタイム コースアンケート
6. VTR「学校」 : 講演会
7. ヒューマンタイム
コース別学習 地球市民フィールドワーク 地球市民全体会
8. 中学夜間学級見学交流会
9. 地球市民とクラスの課題 まとめ : 講演会
10. クラスのまとめの討論

コース名
と り く み の 中 味
スリランカ ・ききとり→自分史、日本での生活、望むこと
・スリランカのカレーづくり
フィリピン ・ききとり→戦争のこと、夜間中学校のこと、日本での生活の苦労等
・ナタデココのデザートつくり
・バンブーダンス
南アフリカ ・ききとり→アパルトヘイトについて、南アフリカ の子どもの実態、文
化について、日本でのボランティア活動
・ドーナツづくり
タイ ・ききとり→現在のタイの状況、国旗について、文化について
・トムヤンクン、タイチャーハンつくり
中国 ・ききとり→文化の違い、歴史、南京街での現在の活動
韓国・朝鮮 ・ききとり→自分史と地域での活動について
・ききとり→自分史と生野の子どもたちの活動について
・鶴橋での見学と買い物
・ききとり→自分史とボランティア活動について
鶴橋での見学と買い物