〜松原の地場産業〜

金網工場コース


 暮らしと産業を幅広く支えている金網について、


工場見学をしながら学習しました。


 このあたりは、昔河内もめんの織物を作っており、


その機械とよく似た機械で作ることのできる金網


工業が盛んになったということです。

 
<金網の用途>
 松原は全国でも有名な金網の産地である

現在金網製造業を営む事業所は、約60軒あり平織・綾織など織金網を中心に溶接金網・スパ
イラル金網・クリンプ金網・打ち抜き金網などを生産している。また金網の用途も防虫編みや茶こし・
ザルといった普段目にする物ばかりでなく、あらゆる産業の重要部分に数多く使用されている。
 特に最近では電磁波シールド、スクリーン印刷、自動車のエアー・バック、半導体、航空宇宙工学、
その他ハイテク産業用の金網も開発されるなどますます用途は広がりつつある。
さらに世界で最も細
かい635meshという金網は、クモの糸のように細かい20ミクロンのステンレス線を使って織り上げ
た綾織金網で、製品は絹のようにしなやかで1平方センチメートルに62500個もの網目がある。