手話でコミュニケーション
〜 ひろげよう手と手ですてきな世界〜

                                            
 耳の不自由な人たちのサークルとつなげられたらな…と思って、「手話でコミュニ
ケーション」は始まりました。はじめはテキストを使って自分の名前から覚えて、自己
紹介を手話でできるようになりました。地域に住んでおられるろうあ者の方と交流し
ました。
<子どもたちの様子> <お礼の手紙から>
 私ははじめ手話をするときに、はずかしいような気がして
いて、何となくやりにくかったです。でも、耳が聞こえにくか
ったり、聞こえない方にとっては、大切な会話の手段と言う
ことが、だんだん少しずつだけど、わかってきて、はずかし
がったりしてらあかんなって、失礼やなって思いました。
 私はこれからもいろんな方と出合っていきたいです。それ
で、その出会えた人たちから、いいなって思えるところとか
を自分にも役立てていきたいです。自分だけじゃなくて周りの
人たちにもいいところを知っていってもらいたいです。
また、
人をとおしてじゃなくて、一言でも
自分で手話を使い話せる
ようになっていきたいです。