ある町で、すごくおばけぎらいの
男の子がいました。

その男の子は
夜トイレにいくのがこわくて、結局朝になると、
ふとんがおしっこでびしょびしょに
なるときがありました。