「土」と「火」で作る焼き物は、いわば自然からの私たちへの贈り物です。

目的は、”作って使う”人もいれば、”土に心をいやされる”ためにする人など、
人それぞれです。しかし、本当の良さは、作品のよしあしにかかわらず、
土と遊び、土と親しむ中で作る力や、新しい自分を発見することでは
ないでしょうか。

土と遊び、親しむ中で新しい自分を発見しませんか?