砂糖にまつわる楽しい実験
〜温度を変えたら何ができるのか〜

授業の様子
・玉じゃくしに半分ほどの砂糖を入れ、
できるだけ少しの水で溶かす。つぎに
そのしゃもじを火にかげ、箸でまぜて
いく。110度Cでフォンダン、130度C
でソフトキャンデー、150度Cでドロップ、
160度Cでべっこうあめができる予定
です。
・終始なごやかな雰囲気で進められ、
カルメ焼きも作っていただきました。
保護者からの感想
・とてもおもしろかったです。
目に見えて体験できて、子どもにも
とってもわかりやすいと思いました。
大発見に目を輝かせる感性を持った
子であってほしいし、そういう機会を
今後も作ってやってください。
・理科の実験でお菓子ができた!
楽しい授業でした。実験の多い授業
をがんばって下さい。