(2001/1/21)
「いらっしゃいませー」、小学生の商業体験

      布忍小学校5年生の”キッズマート”が、地元商店街で開催

1月21日(日)午前10:00から12:00まで、布忍小学校5年生による”キッズマート(小学生の商業体験)”が取り組まれた。

「キッズマート」は、小学校が商工会議所などと協力し、地元の商店街の一角に出店する。グループごとに模擬会社を作って何をいくらで売るかを決定、実際に地域の一般客に売ることで商売の喜びや厳しさを知る取組み。

会場となった南新町商店街では、子どもたちの「お店」12店舗が開店し、買い物をする保護者や地域の人で大賑わいになった。

子どもたちのお店の品物は、松原商工会議所や保護者や地域の方の協力で集められ、日用雑貨をはじめ衣服、文具と豊富に品揃え。仕入れから宣伝、販売まで、子どもたちが自分たちで開店準備をすすめてきた。お店の名前も自分たちで考え、個性的な店舗が勢揃いした。

「物を買ってもらうのは難しいなぁ」「将来は自分のお店を持ちたい」と話す児童もいて、子どもたちにとって貴重な体験となった。

用意された「福袋」はすぐに売り切れ、12:00には完売したお店が続出した。後押しする商店街や経済団体の期待も大きく、「こんな賑わいは初めて。続けてくれれば地域活性化にもつながる。」と今後の展開に期待をしている。

【関連サイト】

布忍小学校