園長より

          
 松原市立恵我幼稚園は、昭和284月1日、恵我村立小学校校舎の一部を借りて、設
立されてから今年で64年目を迎えました。

 大和川の南岸に沿って大阪平野のほぼ中央、松原市の東北部、恵我地区大堀3丁目に
あります。従来は、米、野菜の栽培を中心とした大阪近郊の人口過密化の標準農村でし
たが、近年、産業の発達と大阪市周辺の人口過密化の傾向によって、急速に農村地区と
しての姿を変え、専業農家がなくなってきました。

 園の東方約200mの地点が西名阪自動
車道・阪神高速道路との結合点となって、中央
環状線と立体交差しており、近畿自動車道の開通や、南へは阪和道が延び、交通の便は
昔とは比べものにならないくらい発展した町になりました。
 平成28年度の恵我幼稚園は、20名の4歳児(新入園児)を迎え、5歳児
21名の計
41
名でスタートいたしました。

 昔も今も変わらず、遊ぶことが大好きな子ども達が、緑豊かな園庭で友達と思う存分遊び、
楽しそうな笑い声がいつも聞こえてくる幼稚園です。

 幼稚園での遊びは、考えたり、工夫したりする力を育て、また、いろいろなことに気づいた
り、感動したりし、心を豊かにしていきます。

 幼稚園には友達がいます。友達と一緒に遊び、様々な経験をすることで、相手の気持ちを知
り、思いやる心も育ちます。

 子ども達の様々な可能性を引き出せるよう、職員が一丸となってその子どもに応じたいろい
ろな方法で、指導していこうと思っております。

                         平成28年4月  園長 松永 康恵