本文へスキップ

松原市立中央小学校の校章です。

学校長より

学校長  易 寿巳

学校・家庭・地域のスクラムで
 今年、松原市教育員会から転勤してまいりました。どこかで聞いた名前と思った方もおられると思いますが、一昨年まではここ中央小学校で教頭をしておりました。どうぞよろしくお願いします。
 4月に赴任して、児童の皆さんとやりきることの3つの合い言葉を決めました。それは、あいさつ、チャイム開始、ロッカー整理です。
 毎日正門に立っていると「おはようございます」元気なあいさつが交わされると、とてもいい気持ちがします。子ども安全見守り隊の皆さんも毎日通学路に立ってくださっています。子どもたちが大きな声で「おはようございます」「さよなら」とあいさつしてくれてわたしたちも元気をもらっていると言われます。
 「気持ちいい言葉」という記事を見たことがあります。皆さん何という言葉だと思いますか。第一位は「ありがとう」第二位は「さようなら」、第三位が「はい」という返事、第四位は「おはよう」だそうです。「ありがとう」が一番気持ちいい。何となくわかりますね。人が困っているとき助けてあげると「ありがとう」おうちの手伝いをして「ありがとう」と言われることがあるのでしょう。相手の人に感謝の気持ちを伝える大事なあいさつ言葉です。ありがとうというのはどこの国でも人と人の心をつなぐ「掛け橋言葉」なのでしょう。英語の「サンキュー」、韓国語の「カムサハムニダ」、中国語の「シェシェ」です。
 チャイム開始という合言葉は、チャイムですぐ動き出そうということです。
 学校というのは、家族というつながりから社会というつながりにむけての訓練の場所と言われます。
 人間は未熟児で生まれてくると言われています。しかの赤ちゃんは生まれてすぐ、四本の足を必死でふんばってたつところを映像でみたことがある人もたくさんいると思います。すぐにたたなくてはまわりに命をねらっている動物がいるからです。でも、人間の赤ちゃんは目も見えていません。逃げることもできません。でも、家族をはじめ様々な人と人との関わりこそが人間らしさを作っていると思います。それが社会といわれるものです。
 社会を成り立たせようと思ったらルールがいります。時間を守るのこともそのルールの一つだと思います。
 三番目はロッカー整理です。学習環境の整備が学力向上に大きな役割があるとよく言われます。
 まずは自分の荷物からきれいに片づける。そして、それがクラス、学校全体に広がっていけばいいなと思っています。
 お家の方でも、朝起きたら、「おはようございます」また、何か手伝いをしてくれたら「ありがとう」と言葉のキャッチボールをお願いします。次に家庭内でルールを持ってほしいと思います。家事も学年に応じてでありますが、何か役割を持たすようにしてください。
 子どもたちが毎日、楽しく学校生活が送れるように何でも結構ですから学校にご相談ください。
 よろしくお願いします。

松原市立中央小学校

〒580-0044
大阪府松原市田井城3-72-2

TEL 072-334-0005が
FAX 072-334-0008
E-MAIL chuo@matsubara.e-kokoro.ed.jp