1学期・2学期には、「天美環境ウオッチング」で、くらしや環境を見つめ学習してきました。3学期は、「ひと」に目をむけ、福祉学習に取り組みました。「であい・つながり・ともに生きたい」を合言葉に、様々な立場の人々と出会いました。その中で、子ども達は出会いのあたたかさを感じ、生き方に触れ、これまでより自分の生活や家族を見つめることができました。また、自分の思いを仲間に伝えることで、より理解しあえる関係を築き、つながっていきました。最後には、学んだことを家族への手紙にしました。
「たんぽぽ学級」
保護者からの聞き取り
「小さかったのにいっしょうけんめい生きよう生きようとしていたのを聞いて、すごいなあと思いました。
視覚障害のある方、福祉施設「えるで」立ち上げに関わった方からの聞きとり
 グループ別学習
・身体・知的障害のある方との交流
・外国の方との交流
・高齢者との交流
・精神障害のある方との交流

             

私は相手の気持ちを知るって言われたとき、あ、私は相手の気持ちを分かっていなかったな、ゆうほど友だちに優しくしていなかったなって思いました。なので私は友だちの気持ちが分かりたいなと思いました。もうちょっと友だちに優しくしようと思いました。」

3学期