みんなでまちづくり
 5月12日、幼稚園の園児たちと一緒に校区内のクリーン活動を行いました。対面式、閉会式は各クラスの代議委員が考え、運営しました。
 最初はお互いに緊張していたようですが、次第に打ち解けて、楽しく活動することができました。
 
 幼稚園の人がごみをいっぱい見つけて、拾っていたからすごいと思った。タバコも道のすみに捨ててあるのが多かった。植木鉢の後ろに捨ててあるのも多かった。見えにくいところにごみを捨ててあるのが多かった。 (児童の感想より)

 公園でもよくごみを捨てている人がいる。私も捨てていることがあるので、気をつけたいです。来年も『みんなでまちづくり』があると思います。来年はもっとごみが減ったらいいなと思います。                  (児童の感想より)

 大人も子どもも絶対にごみを捨てたらいけないと思いました。タバコも多かったし、コーヒーのかんもたくさんありました。大人の人のごみが多かった気がします。        (児童の感想より)
田植え体験
 6月7日、近くの田んぼをお借りして、幼稚園の人と一緒に田植え体験をしました。初めて田植えする子どもが多く、貴重な体験をすることができました。

最初、田んぼに入ると、とてもぬるぬるしていました。田んぼに入ったらすぐに動けると思っていたけど、動けませんでした。田んぼを貸してくれたおじさんたちは、いつもこの中で田植えをしていて、お米がとれるまで大変な世話をいっぱいしているのだなと思いました。幼稚園の人と一緒に植えました。苗をわたしてあげました。幼稚園の人は楽しそうな顔をして植えていました。私も植えているうちにだんだん楽しくなってきました。
                   (児童の感想より)

田んぼに入ったとたん足が吸い込まれるように泥で埋まって、思うように歩けませんでした。苗を少しずつちぎろうと思ったら、意外に固くて思いっきりやらないとちぎれないものもありました。植える時、土を平らにしようとしたら、幼稚園の人も一緒に手伝ってくれました。
 今日、ぼくは田植えをちょっとしただけなのに疲れてしまいました。農家の人は、こんな難しい作業をいつもしていると思うと、結構力がいる仕事なんだなと思いました。        (児童の感想より)
親子のふれあい
6月20日、保護者の方と一緒に、飯盒でご飯を炊き、カレーを作りました。カレー班(野菜の下ごしらえ)、お米班、かまど(火おこし)班に分かれて作業しました。それぞれの班に保護者の方がついてくださり、楽しく作業することができました。初めて自分達で協力して作ったカレーはとっても美味しくて、あっという間になくなってしまいました。
林間学舎
 7月23〜24日、林間に行きました。まずは、「モクモクファーム」へ。ポニーに乗ったり、牛のお乳を搾ったり、普段できない経験をしました。他にもヤギ、羊に草をあげることもできました。『のんびり学習教室』では、牛についてのお話もしてもらい、みんな真剣に話を聞いていました。ミニ豚さんの芸もとてもかわいかったです。
 それから、「松原少年自然の家 クリエート月ヶ瀬」へ行きました。そこでは飯盒炊飯、キャンプファイヤー、アスレチック、川遊びなどをしました。
 
 私は、キャンプファイヤーで一番おもしろかったことは、みんなで『燃えろよ 燃えろ』を歌ったことです。火が花火みたいにぐるぐるまわっていました。私はきれいだなと思いました。伝言ゲーム、爆弾ゲームも楽しかったです。
 次の日の川遊びも楽しかったです。水のかけあいをしておもしろかったです。
 私はふとん係でした。シーツをひくのが大変でした。朝は先生と一緒にシーツをたたみました。友達に、シーツを一緒にたたんでといわれたので一緒に頑張ってたたみました。係の仕事もちゃんとできて良かったです。林間はとても楽しかったしいい思い出がたくさんできました。
                   (児童の感想より)

 解散式では、お互いにこの二日間を振り返り、協力してやり遂げたという充実感を持って林間を終えることができました。この思いをまた2学期につなげていければいいなと思います。