<子どもたちの感想@>
最初にいろんな消防車や救急車を見せてもらって、話を聞きました。クレーンのついている消防車は、クレーンが3トンぐらいの重さを持ち上げると聞いてびくりしました。救急車の中にも、いろいろなものがあって、あんなものがあるんだなぁってよく分かりました。消防署の中に入って、通信司令室を見ました。
消防署の人は、ごはんも食べられないときもあるから大変だなと思いました。

<子どもたちの感想A>
わたしのお父さんも消防団に入っています。消防士さんと一緒に火を消していたと思います。命を守るのは大変だけど、やりがいがある仕事ですね。これからも、この仕事を続けて、火事や救急の人を助けてがんばってください。

119番の通報を受ける通信司令室→

<子どもたちの感想B>
*学校では、通信司令室を本で見ていたけど、本当に見れたのがうれしかったです。
見学した中で、一番すごいとおもったのは、通信指令室でした。

<子どもたちの感想C>
*仮眠室とか訓練室とか見せてくれて本当にありがとうございます。火事じゃないときに何をしたか分かったし、火
に立ち向かう勇気がすごくかっこよかった
*阪神淡路大震災があって、テレビを見てるだけじゃ何もできないから、消防士になって、夢をかなえたと聞いたからすごいなぁと思いました。