理科の学習では、「春を見つけよう!」というテーマのもと、春の植物や動物について学習を進めています。また、社会科では「健康なくらしを支える」という単元で、「ゴミ」「水」について学習をはじめています。そこで、校舎の中や家庭だけでなく、地域の中の自然や環境について考える機会をもちたいと、西除川ウォッチングに出かけることにしました。

自分たちの地域にある「西除川」の自然(植物や動物)、環境(水・ゴミ)に焦点をあて、いろいろな発見をしようと出かけました
<子どもたちの感想>
西除川に行って、川原で見たらアブラナがすごくたくさんさいていて、もうすぐで自分の背ぐらいになりそうだったので、びっくりしました。川を見たら緑色っぽい少し気持ち悪いのがあって何かな?と思いました。川の近くに行ってみたら、くさいにおいがしました。学校では見つけられなかったキュウリグサも見られました。

<子どもたちの感想2>
私はてんとう虫を見つけたけど、もっと驚いたのは水がきたないのにコイ・カメがいたことです。西除川をきれいにしたいです。

春だけでなく、一年間を通じて西除川ウォッチングを続ける予定です。