4年生は4月に行った西除川の近くの地域のゴミ拾いを行いました。西除川沿いの遊歩道はゴミが見当たらなかったので、住宅へ向かう道に入りゴミ拾いを開始しました。

大きな道路から小さな路地裏に入ったり、子どもたちがよく通る道沿いにもゴミがありました。小さなゴミも懸命になって探し、袋いっぱいにゴミを拾い集めていた子どもたちの姿が印象的でした。

<子どもたちの感想>

 今日、みんなでゴミ拾いをしました。いろんなところにいっぱい落ちていました。最初はぜんぜんゴミが落ちてなかったけど、住宅街にはいってからは、どんどんゴミが増えて行きました。とくに多かったのは、空き缶、ビン、タバコのすいがらです。せまい道にはイヌのふんがありました。学校に帰ってきて、燃えるゴミ、燃えないゴミ、資源ゴミに分けました。楽しかったけど、とってもつかれました。

<子どもたちの感想2>
わたしはみんなで町作りをして、はじめはきたないからいややなぁと思ってたけど、みんなの姿を見て、わたしもやらなと思いました。わたしたちがごみを拾えば拾うだけ町がきれいになっていくんだなぁと思いました。いいことしたら、なんかいい気分になりました。
これからはクリーン活動とか、みんなで町作りのときは、がんばりたいです。