今池処理場見学

社会の学習では上水道や下水道など、「水」についての学習をすすめました。浄水場はパソコンでインターネットを使ったバーチャル社会見学を行いました。淀川の取水口からくみ上げられた水が水道の蛇口に出てくるまで、どのような過程を通して水道水が出来上がるのか、写真やアニメを通じて学ぶ体験をしました。

 さらに、自分達が使った水はどこへどのようにして流れていくのかということを教室の中で考えた後、実際に今池下水処理場へ行って見学し、様々な角度から水について教えていただきました。
<子どもたちの感想>

*灰でレンガやかびんができるからビックリでした。お水は半日かけてきれいにするからしんどいと思った。西除川に流すことが分かった。いつも学校のプールの370ぱい分もきれいにしていた。今池処理場のおじさんたちありがとう。

*私は最初に入った会議室でビデオを見て、そのあと微生物が汚れを食べて、汚れが減っているところを順番に見ました。小さくても大事なことをしているんだなぁと思いました。見せてくださってありがとうございました。

*ぼくはおっちゃんに水のことを教えてもらってうれしかった。最初ぼくは水なんかぜんぜん興味がありませんでした。でも、おっちゃんに水のこととか教えてもらってちょっと水に興味をもちました。いろいろ教えてくれてありがとうございました。