西除川ウォッチング・冬

3学期の冬に入り、西除川ウォッチングに出かけました。夏には生い茂っていた草も、飛び跳ねていた虫たちの姿も消え、季節の移り変わりを実感していました。

 鳥達の姿を見かけたほか、生き物は川底の石の裏についているヒルだけでした。学校に帰り調べると、ヒルは汚れた川に住む生き物だと分かり、改めて西除川の姿を見直すきっかけにもなりました。

川辺のゴミに気づき、自分たちで進んでゴミ拾いをする子どもたちの姿も見られました。

<児童の感想>
ぼくは、ゴミを拾いました。たくさん落ちていたので、きれいになったらいいなと思って拾いました。学校でゴミを分けるとタバコのすいがら、空き缶などがたくさんありました。
大きなゴミがたくさんありました。西除川をもっときれいにしたいです。

 水を持ち帰って水質検査もしました。